新しい医療技術への取り組み

新しい医療技術への取り組み

歯科用CTの導入

歯科用CT

トロフィー社トロフィー・パンPro

歯科用CTはX線とコンピューターを使って、検査を行いたい部位を輪切りの断層画像として観察・診断する装置・技術のことをいいます。
2次元の情報しか得ることができなかった従来のレントゲンと異なり、歯科用CTは口腔内を3次元画像で表示できるようになりました。

歯科用CTトロフィー・パンProの特徴

従来のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できます

従来のCTとの撮影方向の違い

3次元の画像は被写体そのものが写し出せるため、顎の形態だけでなく、神経・血管の走行、病巣などを立体画像で確認することができます。

撮影方法の違い

立体視することで治療の信頼性・安全性が向上します

CT画像は断層撮影のため、どの方向からも覗くことができます。
また拡大率1:1の原寸大で診断できるので、難しい抜歯やインプラントなど幅広く歯科治療に応用することができます。

下記の画像をご覧ください。インプラントと血管まで距離があるように見えますが、実際にはほとんど距離がありません。

パノラマでインプラント CTでインプラント

通常のレントゲンと同等の線量で撮影をすることができます

当院では、厚労省で認可された撮影装置のなかで、最も被曝線量の少ないトロフィー社トロフィー・パンProを導入しました。

歯科用CTトロフィー・パンProの特徴

歯科用CAD/CAMシステムの導入

歯科用CAD/CAMシステムの導入

トロフィーCAM・システム

CAD/CAMとは、データをもとにコンピューターで設計(CAD)して工作機械で自動に製造(CAM)するシステムです。これを歯科のクラウン冠作りに応用したものが歯科用CAD/CAMシステムです。
現在では、草分け的存在であるシロナ社のセレック・システムをはじめ、複数の機種・システムがあります。
当院ではシリコンで採った歯型を歯科用CTでコンピューターに取り込み設計するトロフィーCAM・システムを導入しています。

CAD/CAM冠の制作の流れ
CAD/CAM冠の制作の流れ

CAD/CAMセラミック冠の特徴

型取りした即日に装着が可能です

設計から陶材ブロックの削り出しまで医院内で行うので、型取りした当日に装着が可能です。型取り後、1時間ほどでセラミック冠が出来上がります。
即日の装着は、型取りと装着で2回の診療枠が必要ですので、前もっての予約が必要となります。

コストを抑えたセラミック冠の治療・装着ができます

すべてを医院内で作成するので、歯科技工の工賃がかかりません。このためコストを大きく抑えることが可能です。

耐摩耗性・耐衝撃性・耐齲蝕(虫歯)性に優れています

従来のセラミック冠は稀に焼き上げ行程で脆くなったり気泡が混入したりと耐摩耗性・耐衝撃性を低下させる危険性がありました。対してCAD/CAMセラミック冠は工業的に製作された気泡の無い均質な性状の硬質の陶材ブロックを削り出すだけなので、セラミック本来の耐摩耗性・耐衝撃性があります。
即日に装着できることから、被せる歯の表面汚染がなく接着できるので耐齲蝕(虫歯)性にも優れています。

事故・転倒などで割れても即再製・再装着ができます

CAD/CAMセラミック冠の設計図はすべてデータとして医院に残っています。割れた冠を除去した後、1時間ほどで同じ冠が出来上がります。

金属アレルギーの方も安心して使用していただけます

他の非金属冠(ジルコニア冠・エステニア冠)と同様に、金属アレルギーの方の治療にも役立ちます。

マウスピース矯正・アソアライナーでの治療

マウスピース矯正・アソアライナーでの治療

 

アソアライナーは、透明で着脱可能なマウスピースの矯正装置です。
ワイヤーを利用した矯正とは違い、食事や歯みがきの際は取り外しができるのが大きな特徴です。
また、簡単な虫歯・歯周病の治療を並行して行うことも可能なほか、金属アレルギーの心配がないなど、さまざまなメリットがあります。

アソアライナーの特徴

最も審美性に優れた矯正治療です

オーダーメイドで作成された透明なマウスピースを用いるため、見た目はわかりません。

金属アレルギーの方でも安心できる矯正治療です

熱可塑性のビニール樹脂で装置は作られています。
ワイヤーを利用した矯正治療とは異なり金属を一切使いません。

虫歯・歯周病の治療を並行して行えます

アソアライナーは毎ステップごとに歯型を採ってマウスピースを作ります。
このため、ステップとステップの合間に虫歯・歯周病の治療が可能です。ここが他のマウスピース矯正との大きな違いです。

治療費用と期間は症例ごとに違います

歯並びの程度によりステップ回数が変わります。これに伴い治療費用と期間が変わってきます。
マウスピース矯正の相談を受けていただく際に歯型をお採りする場合があります。この歯型を診断して、おおよその治療費用と期間を回答いたします。

治療費用と期間

マウスピース矯正には適さない場合があります

抜歯が必要なほどの過度のガタガタや成長途中の小児・学童期の方にマウスピース矯正は適しません。他の治療法をお勧めする場合があります。

ページトップ