小児歯科

小児歯科

乳歯の特徴

子供時代の歯である乳歯は大人の歯である永久歯と比べて虫歯になりやすい特徴があります。
それは乳歯は永久歯と比べエナメル質、象牙質が半分程度の厚さしかなく、また歯列がでこぼこしていることで、歯と歯の間にものが挟まりやすい、うまく歯磨きがしにくいということが原因です。
さらに哺乳瓶やお菓子など、口の中に糖がある状態が長くなりがちということも虫歯になりやすくしています。

虫歯になった際の治療方法については乳歯も永久歯も特に違いはありません。
穴があくような虫歯の場合は、その部分を削り、金属冠を被せることで治療します。

乳歯はいずれ生え変わるから虫歯になってしまっても大丈夫だと考えるかたが中にはいらっしゃいますが、これは間違いです。
正常な成長発育にはきれいな乳歯が欠かせません。
小児歯科では虫歯の治療だけでなく、お子様の成長発育に合わせた虫歯予防や歯周病予防、歯並びや噛みあわせの治療を通して健全な永久歯列咬合を育成することを目指していきます。

治療とともに予防も大切

乳歯をきれいに保つには、家庭での歯磨き習慣やケア、歯科医院で定期的なチェックを受けることが大切になってきます。
当院では歯磨き指導・食事指導やフッ素塗布も行っています。

フッ素塗布

歯は食事の度にカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出し、唾液によって溶け出した成分を戻します。この溶け出した成分を元に戻すことを歯の再石灰化といいます。
フッ素はこの再石灰化を促進する効果があるのです。

フッ素を塗布することで初期の虫歯が治っていきます。
また、再石灰化の時にフッ素がエナメル質の成分と結びついてより強化されるためミネラルが溶け出しにくくなる、丈夫な歯にすることができます。

さらに、虫歯菌の活動を抑えることもできます。
当院ではフッ素の表面塗布を保険で受けることが可能です。
ご希望される方はぜひ一度ご相談ください。

フッ素塗布

シーラント

シーラント

シーラントとはアクリル樹脂やセメントの一種を虫歯の溝に接着させる治療方法です。
歯のでこぼこを埋めることで虫歯になりにくくケアのしやすい歯になります。
シーラントをしたからと言って虫歯にならないというわけではないですが、奥歯の虫歯になりやすい溝の部分を細菌から守ることができ、汚れがたまるのを防ぐことができますので毎日の歯磨きやフッ素処置と合わせてご利用ください。

ページトップ