入れ歯

入れ歯

よく噛むことのできる入れ歯で快適な生活を送りましょう

歯を失った際には、インプラントやブリッジ、差し歯など様々な治療法があります。入れ歯もその一つです。

入れ歯というと古いイメージがあり、インプラントと比べて噛みにくかったり、目立ってしまうという懸念を持たれているかたもいらっしゃるかもしれません。
しかし、最近の入れ歯は様々な材料が用意されており、機能性や審美性も優れています。

歯はものを食べるだけではなく、全身の健康にも影響を与えます。
当院では十分なカウンセリングを行い、患者さん一人ひとりにあった入れ歯を作製します。

保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯の特徴

保険適用の入れ歯のメリットは治療費が少なくて済むということです。
ただ、保険の効く材料や作成方法でしか入れ歯の制作ができないため、制約が生じてしまいます。

保険が適用される入れ歯の材料は、通常はレジンを使用します。
レジンはプラスチックに近い素材です。この素材で強度を保つためには、厚さを維持して床という装着部分を作成する必要があります。
そのため、熱が伝わりにづらく、食感が感じにくくなってしまいます。
精密に型採りをおこないますが、材料や作成方法が決められているため、付け心地、噛み心地は保険適用外の入れ歯に劣ります。

保険適用外の入れ歯

種類と特徴

金属床義歯

金属床義歯とはその名の通り金属を使用して作成した入れ歯のことです。
金属はプラスチックと比べて強度があるため、入れ歯を薄く作成することができます。
そのため、違和感が感じにくくなり、話しやすくなります。

また、金属は熱伝導性に優れており、食事をした際に食べ物の温かみが伝わるため自然な温度感覚で食事ができます。

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯とはバネのない部分入れ歯のことです。
通常の部分入れ歯には入れ歯を歯と固定するためのバネがついています。
このバネが外側から見えてしまうために、見た目を気にされる方が多くいらっしゃいます。

ノンクラスプ義歯はバネの代わりに歯肉色の特殊な樹脂で義歯を支えるため目立ちません。
また適度な軟性があり、フィット感も良好です。

アルティメット義歯
アルティメット義歯

アモルファスという素材を使用した新技術によって制作されたノンクラスプ義歯です。
アモルファスは強靱性・耐食性・軟磁性に優れており、口の中の環境に耐え、安全な丈夫な入れ歯をつくることができます。

また、透過性に優れているため自然な口元を実現できます。

アルティメット義歯は”ノンクラスプ義歯の最終形態”といわれています。

アルティメット義歯比較

マグネットタイプ義歯・アタッチメントタイプ義歯

マグネットタイプ義歯は磁石の力で入れ歯を固定するタイプの義歯です。
歯根に磁性金属を取り付け、入れ歯に超小型磁石を埋め込むことで入れ歯を装着します。

磁石で固定するのでぴったりと固定することができ、入れ歯が落ちてしまったり、ガタガタ動くということがありません。

また、シンプルな構造なので審美性にすぐれ、簡単に装着・取り外しができ、お手入れも容易です。

なお、金属のアタッチメントで入れ歯を固定するアタッチメント義歯もあります。
通常のタイプよりも強固に固定できるため、噛み心地がよくなります。

マグネット義歯、アタッチメント義歯
ページトップ